本文へスキップ

御朱印

お問い合わせはこちらから

お問合せ

高椅神社(たかはしじんじゃ)

神社一覧へ戻る

日本料理の祖神「磐鹿六雁命」を祀り「料理の神様」として信仰を集めています。
その創始は古く2000年程遡ります 長元2年(1029)には 社域に掘った井戸から大きな鯉が出て天皇に献上し「禁鯉の宮(キンリノミヤ)」と呼ばれ この地域では鯉をお鯉様と呼び食さないのは勿論 五月節句の鯉のぼりも立てないそうです。 

御朱印

賽銭箱の横に、宮司様宅の電話番号があります。

本殿・楼門










楼門は県の有形文化財にも認定されています。2017年から2018年にかけて修復工事が行われました。

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりは円形ではなく1辺約2メートルの四角形という珍しい形で、四角形の理由は不明とのことで、一方向にだけ葉が出るカタハノヨシを芯にしてマコモで覆いチガヤの縄で束ねて作るとの事です。





唱え言葉
「水無月の 夏越の祓する人は  千歳の命  延ぶと云うなり」


千年の池


氏子さんたちが、蓮取りを行っていました。

〒323-0154 栃木県小山市高椅702

information店舗情報


こころのふるさとおやま製作委員会